ホームページ制作・運用、SEO対策、
WEB広告のお悩みならおまかせください!

無料・格安サービスと独自ドメインサイトの違い

ホームページを作るにはいくつもの方法があります。FC2ホームページやWixのように「無料」でつくれるもの。GMOグループの「グーペ」のように月額会員になることで「格安」でつくれるもの。レンタルサーバと独自ドメインにより、自分でつくるもの。と、さまざまな方法でホームページを持つことができますが、ノイズでは、独自ドメインのサイトづくりをおすすめしています。

ここでは、無料・格安サービスと独自ドメインの違いについてご紹介します。

無料ホームページ作成サービス

無料サービスのメリット・デメリット

【無料ホームページ作成サービスのメリット】

  • お金がかからない
  • 難しい知識はあまり必要ない

【無料ホームページ作成サービスのデメリット】

  • ほとんどのサービスで広告が表示される
  • 無料で使える機能には制限がある
  • テンプレート化されているので差別化が難しい
  • 複数のジャンルが共存するのでSEOに不利

無料サービスの最大のメリットはなんといってもお金がかからないことです。「無料」で誰でも簡単にホームページが持てるため初心者の方や個人サイトにはとてもおすすめなサービスです。しかし、無料であるために広告が表示されてしまいます。それも目立つところに表示されることが多く、表示される広告もジャンル問わずなので、企業サイトにはあまり向いていません。

また、簡単な操作のみでホームページを作ることができるので、HTMLやCSSなどの専門知識がなくてもホームページを持てるというメリットもありますが、逆を言えば、ほとんどがテンプレート化されているため、他社との差別化が難しいとも言えます。

他にも、無料で使える機能には制限も多く、カスタマイズの自由度は低いというデメリットもあります。

さらに、ジャンルに関係なく複数のサイトが同一ドメイン内に共存することになるため、SEOに不利と言えます。

代表的な無料ホームページ作成サービス

WIX

2012年から日本での運営を開始したホームページ作成ツールです。数百種類のテンプレートがあり、ネットショップ向けのテンプレートまであるので、無料サービスでは自由度が高いサービスといえます。ドラッグ&ドロップの簡単な操作でページを作成していけるので、難しいコードを知っている必要もなく、初心者でも簡単にホームページを作成することができます。

Jimdo

世界で1500万以上ものサイトがこのJimdoで作られていて、日本でも100万サイト以上作られています。ドイツ製ですが、日本語にも完全対応で、ネットショップまで作れる万能なホームページ作成ツールです。テンプレートは全てレスポンシブデザインなのでスマートフォン対策も万全です。また、スマホアプリもあるので、自宅だけでなく外出先でも簡単に更新ができるのも特徴です。

FC2ホームページ

FC2が運営しているホームページ作成ツール。商用利用も可能で、広告は表示されません。しかし、HTMLでしか作成できないため、PHPやCGIなどが必要なシステムは導入できないので注意が必要です。

Google Sites

Googleの提供するホームページ制作ツールです。デザインテンプレートを選びホームページ作成ができます。Googleの提供するツールとの連携などもできるのでGoogleAnalyticsやGoogleAdsenseを設置することも可能です。しかし、他のツールに比べると使い勝手や見た目がやや劣っています。

格安ホームページ作成サービス

格安サービスのメリット・デメリット

【格安ホームページ作成サービスのメリット】

  • 月額数百円からホームページが持てる
  • 難しい知識がなくてもサイトがつくれる

【格安ホームページ作成サービスのデメリット】

  • テンプレート化されているので差別化が難しい
  • 機能を増やすには別途料金がかかる場合がある
  • 複数のジャンルが共存するのでSEOに不利

無料サービスと比べ、広告が表示されることもなく、機能面も充実しているので企業サイトとしても活用されることの多い格安サービスは無料サービスで企業サイトを作るよりはおすすめできます。

独自ドメイン

独自ドメインのメリット・デメリット

【独自ドメインのメリット】

  • カスタマイズの自由度が高い
  • 他社との差別化をはかりやすい
  • 他社の影響を受けにくい
  • 完全オリジナルで運用可能

【独自ドメインのデメリット】

  • 無料格安サービスに比べるとランニングコストが高い
  • HTMLやCSSをはじめ、サーバなどに関する専門知識が必要

ホームページを作るときにもっともおすすめするのが独自ドメインでのサイト運用です。レンタルサーバの管理や独自ドメインの設定などさまざまな知識が必要にはなりますが、カスタマイズの自由度も高い上に広告表示もありません。

制作会社に依頼した場合もほとんどがこのパターンです。

無料格安サービスでは「○○○.サービス名.jp」のように同一ドメイン下に複数のサイトが存在するため、サイトテーマの統一性がありません。それに対し、独自ドメインはSEO対策にも有利であることはGoogleも公言しています。


制作・運用に関するお問い合わせ・ご相談・お見積りは無料で承っております。 まずは、お気軽にお問い合わせください。

福岡でホームページ制作・運用、SEO対策、リスティング広告ならNoith(ノイズ)

福岡でホームページ制作・SEO対策・WEB広告運用ならお任せください!

Copyright © ホームページ制作・SEO対策 福岡|Noith Creative Agency All Right Reserve.