ホームページ制作・運用、SEO対策、
WEB広告のお悩みならおまかせください!

SEOキーワード選定~収益につながるキーワード選定とロングテールSEO~

SEO対策においてキーワード選定はとても重要な要素なのです。

SEO対策というと、「あるキーワードで検索した時に、検索上位にサイトを表示すること。」と想像されるのではないでしょうか。これは正しい解釈なのですが、実はとても重要な部分を見落としているのです。

「SEO対策の本来の目的」がわかればその理由はわかってくるでしょう。

SEO対策の目的とは?

収益を上げることが本来のSEOの目的である

SEO対策の謳い文句で、「○○というキーワードで上位表示させます!」という言葉を聞いたことがあると思いますが、この言葉こそがSEO対策の目的を困惑させてしまっているのです。

なぜなら、SEO対策はあくまでも上位表示させるための手段に過ぎないからなのです。

SEO対策の本来の目的は、「検索キーワードからの集客により、収益を上げること」です。
しかし、いつの間にか「手段」であるはずのSEO対策が「目的」にかわってしまっているのです。

つまり、特定のキーワードでSEO対策をして上位表示できたとしても、そのキーワードからコンバージョン(成約地点)へ繋がらないのであれば、SEO対策をやっている意味がないのです。

なぜ、キーワード選定が重要なのか?

SEO対策の本来の目的はお分かりいただけたと思いますが、では、「なぜキーワード選定が重要なのか」ということをこれからお話したいと思います。

例えば、あなたがもし、福岡県の福岡市で「飲食店」を営んでいるとします。そして、ホームページからの集客に力を入れることになり、SEO業者へ依頼するところを想像してください。

お店は博多駅近くにあり、モツ鍋をメインに扱い、店名は「博多モツ鍋-もつ中」としましょう。
※あくまでも例であり、実在するものではありません。同名のお店があったとしても、無関係です。ご了承ください。

このお店でSEO対策をおこなうとすれば、「もつ鍋」や「もつ鍋 博多」、「もつ鍋 福岡」などのキーワードで行うのが主流でしょう。なぜなら、「もつ鍋」というキーワードを含む検索をするユーザーは「博多 居酒屋」や「博多 ディナー」などのキーワードで検索するユーザーよりも、来店する確率が高いと予想できるからです。

キーワードによってコンバージョン率(今回で言うと来店率)が異なるので、どのキーワードでSEOをおこなうかによってその後の収益に大きな影響が出てくるのです。

また、キーワード選定には検索ボリューム(1ヶ月あたりに検索されるおよその数)も非常に重要です。なぜなら、1ヶ月に5,000~10,000回検索されるキーワードで上位表示した場合と、100~1,000回程度のキーワードで上位表示した場合では、そもそもサイトに訪れるユーザーの数が変わるからです。

一般的に、検索上位に表示された場合、10~20%程度がサイトへ訪れるといわれていますが、1万回検索されるキーワードだと10%で1,000回ですが、1,000回しか検索されないキーワードだと、同じ10%でも100回です。サイトへ訪れた人の中から5%が実際に来店したとしても、1万回のキーワードだと50人ですが、1,000回のキーワードだと5人しか来店しない計算になります。

客単価が3,000円だとすると、50人の売上は15万円になりますが、5人の売上では15,000円にしかなりません。

このように、対策キーワードが違うというだけで、これほどにも差が出てしまうのです。

ロングテールSEO

ロングテールSEOとは?

ロングテールSEOとは、ビックキーワードほどの検索ボリュームはないが、一定の流入があるキーワードで検索するユーザーの意図を読み解き、その意図を解決するようなコンテンツを作成し、安定的な集客を行うSEO戦略です。

先ほどまでの話とは少し矛盾してしまうところがありますが、ロングテールSEOでは、検索数は少ないけれど、コンバージョンが多いキーワードに対してSEO対策をおこないます。

先ほどのもつ鍋を例にすると、「もつ鍋」や「もつ鍋 博多」というキーワードは検索数も多く、来店の見込みも高いため、いわゆる「ビックワード」であるといえます。これに対し、「もつ鍋 博多 個室」や「もつ鍋 博多 ひとり」、「もつ鍋 博多 駅前」などのメインワード(もつ鍋 博多)とかけ合わせた複合キーワードは、検索ボリュームは少ないのですが、コンバージョンが多いキーワードといえます。

このようなキーワードを網羅していくことで場合によっては、メインワードと大差ない売上を作ることもできるのです。

また、SEO対策はキーワードによって費用が変わります。ビックワードは競合も多くどうしてもコストが高くなってしまいますが、複合キーワードの場合、競合も少ないため、かかる費用も抑えることができます。


制作・運用に関するお問い合わせ・ご相談・お見積りは無料で承っております。 まずは、お気軽にお問い合わせください。

福岡でホームページ制作・運用、SEO対策、リスティング広告ならNoith(ノイズ)

福岡でホームページ制作・SEO対策・WEB広告運用ならお任せください!

Copyright © ホームページ制作・SEO対策 福岡|Noith Creative Agency All Right Reserve.